埼玉県精神科病院協会とは 所在地 役員一覧 委員会 埼精協の歴史
会長メッセージ
救急医療システム事業 こころの電話相談室
部会 関連団体
会員病院一覧
  • HOME
  • 精神科救急医療システム事業
精神科救急医療システム委員長  菅野 隆  埼玉県では平成15年11月1日から午後10時までの夜間救急体制がスタートしました。これまでの救急体制は、まず平成5年10月から平日昼間、措置入院を対象として4病院各1床の計4床の体制を、協会会員30指定病院の輪番制で開始され、次いで平成8年11月からは、これに加えて休日昼間2病院、各々措置及び救急用各1床の計4床体制で実施されてきました。
 今回救急体制の夜間への拡張を機に、県立精神保健福祉センターに「埼玉県精神科救急情報センター」を設置して、相談受付と必要に応じての病院紹介・受診指導、警察官通報受付と措置入院業務を行い、診察・入院体制については、昼間はこれまでどおりで、午後10時まで(病院到着は午後9時)の夜間については「全協会病院の参加を原則」の方針とし、32病院(現在38病院 指定28非指定8)の輪番制、毎晩各病院1床の体制で開始しました。
また、診療所協会が月〜金の平日夜間1診療所で外来救急に参加、県立精神医療センターは午後10時以降の対応、時間内に輪番病院が満床になった場合及び治療困難患者への専門病院として、さらに埼玉医科大等には身体合併症患者の協力病院として対応してもらうこととなっています。
尚、救急体制の適切な運営を実現していくために、「埼玉県精神科救急医療システム連絡調整委員会」、「精神科救急医療システム運営会議」が設置されています。

 以上が新たな救急体制の概略ですが、埼玉県の特徴は民間病院が措置入院から外来救急までを輪番制で行っていることだと思われます。
+をクリックして詳しい内容をご覧ください

資料1 精神科医療機関の役割

資料2 他精神科医療機関との連携体制

資料3 新たな埼玉県の精神科救急医療体制

資料4 新たな精神科救急医療システム